うちは大丈夫!皆さんそう思ってます。従来方式で本当に大丈夫?

 平成9年から「学校給食における衛生管理の改善に関する調査研究協力者会議」が組織され食中毒の発生件数は減少しております。しかし、学校給食の衛生管理状態はまだ完全な状態にあると言われておりません。衛生管理対策はお済ですか?弊社では、食中毒対策、レジオネラ菌対策、消臭対策を一台でこなし、しかも人体に安全で全てに効果の高い殺菌水を生成する装置により、厨房における手洗いから食材・器具類の殺菌、浴場におけるレジオネラ殺菌、医療機関における院内感染予防にと、トータルに衛生管理のできるシステムでトータルコスト削減のご提案をいたします。

■HACCPとは:HACCP(Hazard Analysis Critical Control Point)の略。食品製造工程中の危害防止につながる重要管理点をリアルタイムで監視し記録することにより、すべての製品が安全であることを確保しようとするものです

〈某学校給食施設〉 導入事例 = 導入の決め手 =

施設長さまに導入の決め手をお尋ねしました。

「様々な殺菌装置がある中で、本当に何が良いのかスタッフと一緒になって何社かの殺菌装置を試し検討した結果、圧倒的に良かった。特にコスト面・作業面がよく、ランニングコストは1ヶ月で約4,000円。作業面では必要な箇所に配管してあるので蛇口を開ければすぐに使える。食中毒の発生する原因は、気の緩みから出る場合が多い。これによって誰でも簡単に使えスタッフの意識改革ができ、意識の統一がはかれたことがよかった。」とのことでした。

食材の殺菌から衛生管理まで対応できる次亜塩素酸水生成装置 「カンファシステム」

よくお尋ねになられる質問? = 回答 =

導入コストとランニングコスト= 規模に応じて柔軟なお見積もりも =

他社比較= 2003・7月現在 =

従来の電気分解方式と異なり混合方式ですので、ランニングコストが違います。

殺菌水生成後の安定感が違います。 A社3時間で効果なし⇒弊社7日間経っても効果があり。

1ヶ月のランニングコスト比較
弊社(混合式・大型機) 3,900円 (某給食施設)[13t/月・100ppm使用時の場合]
A社(電気分解式) 39,000円 (同上対象にした場合の換算額)
B社(電気分解式) 65,000円 (同上対象にした場合の換算額)

 

© Copyright 2003 Hatto-Hanbai Co Ltd.,