うちは大丈夫!皆さんそう思ってます。従来方式で本当に大丈夫?

 平成6年の集団食中毒事件以降も衛生管理に気をつけているにもかかわらず、件数と患者数は増加傾向にあり、消費者はより安全でより安心できるものを求めております。一旦、食中毒を出してしまえば御社の「信用」に非常に大きな損失をあたえてしまいます。食中毒予防は万全ですか?弊社では、新衛生管理基準として、カンファシステムによる人体に安全で効果の高い殺菌水を使用し、食材から器具の殺菌、さらに空間殺菌と一貫した衛生管理システムをご提案いたします。

■HACCPとは:HACCP(Hazard Analysis Critical Control Point)の略。食品製造工程中の危害防止につながる重要管理点をリアルタイムで監視し記録することにより、すべての製品が安全であることを確保しようとするものです

〈Mフーズ〉 導入事例 = 導入の決め手 =

工場長さまに導入の決め手をお尋ねしました。

「工場の入口で、まず手洗いと靴の殺菌、工場内では清掃殺菌、最終工程の袋詰室では、浮遊菌・落下菌対策として空間殺菌を一つの殺菌水だけで工場全体の衛生管理ができスタッフの意思統一が図れた。また、何より1ヶ月のランニングコストが約4,000円弱で安価ということが良かった。」とのことでした。
弊社では、工場全体のトータル的な衛生管理とコストを試算してご提示いたしました。

食材の殺菌から衛生管理まで対応できる次亜塩素酸水生成装置 「カンファシステム」

よくお尋ねになられる質問? = 回答 =

導入コストとランニングコスト= 規模に応じて柔軟なお見積もりも =

他社比較= 2003・7月現在 =

従来の電気分解方式と異なり混合方式ですので、ランニングコストが違います。

殺菌水生成後の安定感が違います。 A社3時間で効果なし⇒弊社7日間経っても効果があり。

1ヶ月のランニングコスト比較
弊社(混合式・大型機) 4,000円 (M食品実績)[13t/月・100ppm使用時の場合]
A社(電気分解式) 39,000円 (同上対象にした場合の換算額)
B社(電気分解式) 66,000円 (同上対象にした場合の換算額)

 

© Copyright 2003 Hatto-Hanbai Co Ltd.,