消費者は無添加を求めています!従来のままで本当に大丈夫ですか?

 従来使用してきた化学調味料・保存料が敬遠され、消費者の意識が天然志向・健康志向に変わり無添加が主流となってきております。企業側も消費者のニーズに答える為、大変な努力をされているかと思いますが、無添加では食品素材の劣化(色・ドリップ・生菌・カビ等)の問題、賞味期限の問題等、難題をクリアしなければならず、お困りのことと思います。
弊社ではイオン化された100%天然素材の植物発酵調味液により、ユーザーが求めている、おいしさ・安全・健康、さらに賞味期限の問題など製造において現状かかえている問題を解決し、ユーザーのニーズに答えられるご提案をしております。


〈某味噌工場〉 導入事例 = 導入の決め手 =

社長さまに導入の決め手をお尋ねしました。

「皆さんに健康的で美味しいお味噌を提供したい。フード・マックスによってこの願いがかなえられました。とにかく味噌を作るときに一番大事なものが良い原料と良い水です。原料は創業より国産品にこだわってやってまいりましたが、昨今の農業の近代化に伴い、原料(大豆等)にも残留します化学肥料や農薬による有害物質にて本来の風味が変わりつつありました。このフード・マックスを使いますと有害物質を中和し、大豆本来の風味を戻し、更に浸漬したときのお水を多く含み大豆の歩留りが上がり、悩んでいたことが全て解決できました。今はフード・マックスを使って、他社とは差別化した新商品の開発をしており、日本の食の原点となる味噌汁、その源をつなぎとめる逸品にしたいと考えております。」とのことでした。

100%天然ミネラル成分が食材を変える。天然植物発酵調味液 「フード・マックス」

よくお尋ねになられる質問? = 回答 =

導入コストとランニングコスト= 規模に応じて柔軟なお見積もりも =

 

© Copyright 2003 Hatto-Hanbai Co Ltd.,