消費者は健康志向になっています。従来のままで本当に大丈夫ですか?

 従来使用してきた化学調味料・保存料が敬遠され、消費者の意識が天然志向・健康志向に変わり無添加が主流となってきております。企業側も消費者のニーズに答える為、大変な努力をされているかと思いますが、無添加では食品素材の劣化(色・ドリップ・生菌・カビ等)の問題、賞味期限の問題等、難題をクリアしなければならず、お困りのことと思います。
弊社ではイオン化された100%天然素材の植物発酵調味液により、ユーザーが求めている、おいしさ・安全・健康、さらに賞味期限の問題など製造において現状かかえている問題を解決し、ユーザーのニーズに答えられるご提案をしております。


〈A製麺〉 導入事例 = 導入の決め手 =

社長さまに導入の決め手をお尋ねしました。

「ある業者からの紹介でこの「めん・ず」を知り、早速、試作をしたところ、粉に水を混ぜ合わせた時に今まで経験したことのない何とも言い表せない手触りを感じ、このめん・ずの試作に没頭しました。何でこんなに細麺が時間が経ってもコシがあるのか、麺の表面のつやつや感は何なのか、しかも、従来の麺と比べても品質保持が5日もよくなり驚いた。天然素材の調味液で抗菌・滅菌効果まであるので安全で安心して提供できる。いろいろな専門店さまに合わせた麺をこれから初心に戻ってもう一度やり直して、お客様に喜ばれる麺作りに励んでいきたいです。」とのことでした。

100%天然ミネラル成分が麺を変える。麺生地改良調味液 「めん・ず」

よくお尋ねになられる質問? = 回答 =

導入コストとランニングコスト= 規模に応じて柔軟なお見積もりも =

 

© Copyright 2003 Hatto-Hanbai Co Ltd.,