消費者は安心な食品を求めています!従来のままで本当に大丈夫?

 従来使用してきた化学調味料・保存料が敬遠され、消費者の意識が天然志向・健康志向に変わり量より質を求める傾向になりつつあります。その為、お客様のニーズに答える為、大変な努力をされているかと思いますが、無添加では食品素材の劣化(色・ドリップ・生菌・カビ等)の問題、鮮度の問題、味の問題等、難題をクリアしなければならず、お困りのことと思います。
弊社ではイオン化された100%天然素材の植物発酵調味液により、ユーザーが求めている、おいしさ・安全・健康、さらに鮮度の問題など料理において現状かかえている問題を解決し、お客様のニーズに答えられるご提案をしております。


〈某旅館〉 導入事例 = 導入の決め手 =

板長さまに導入の決め手をお尋ねしました。

「マグロや甘エビは時間が経つと水っぽくなり、色が変色してお客様に出す間に変わってしまう。マグロの切り身や甘エビをフード・マックスで処理すると、盛り付けしたあと時間が経っても水っぽくならず、色の変色がおこらない。そのおかげで「お刺身の鮮度がいい」とお客様に大変好評で、寿司にも使ってみたところ、時間が経ってもパサツキがでず、こちらも、お客様に好評だった。とにかく、フード・マックスは様々な料理に応用できるすごい調味液だ。」とのことでした。
現在では、様々な料理に使っているとのことで、何に使っているかは秘密だそうです。

100%天然ミネラル成分が食材を変える。天然植物発酵調味液 「フード・マックス」

よくお尋ねになられる質問? = 回答 =

導入コストとランニングコスト= 規模に応じて柔軟なお見積もりも =

 

© Copyright 2003 Hatto-Hanbai Co Ltd.,